MENU
MENU
EigoBank
EigoBank > プロフィール

オーストリアン・シューティングコート(Austrian shooting coat)ソフトメルトン素材使用 モスグリーン/ネイビー:コートプライム ブリタリーモード - 14112

2019-11-08

オーストリアン・シューティングコート(Austrian shooting coat)
ソフトメルトン素材使用 モスグリーン/ネイビー
商品名オーストリアン・シューティングコート
ソフトメルトン素材使用
カラーモスグリーン・ネイビー
サイズ【46(M)】[160〜170cmの方]肩幅50cm、胴幅116cm、胸幅110cm、袖口巾16.5cm、着丈103cm

【48(L)】[170〜175cmの方]肩幅51cm、胴幅120cm、胸幅114cm、袖口巾17cm、着丈106cm

【50(LL)】[175〜180cmの方]肩幅52cm、胴幅124cm、胸幅118cm、袖口巾17.5cm、着丈109cm

※体格等、個人差がありますのでご参考として記載致しております。
モデル身長:174cm(着用サイズ 48L )
素材表地:ウール 90% ナイロン10%
裏地:ポリエステル45% キュプラ55%
備考・モスグリーンの釦は革バスケット釦(コゲ茶)を使用しています。
・ネイビーの釦は革バスケット釦(黒)を使用しています。
・裏地総裏仕立て
・日本製
・屋外撮影の写真は若干商品が明るめに写っております。
※商品により、多少商品画像と色合いが異なるものもございますので、ご了承下さい。
※サイズは、スタッフが平置きで採寸した数値を記載しています。素材により若干の誤差が生じる場合がございますので予めご了承願います。




オーストリアン・シューティングコート - mqltv.com
オーストリアン・シューティングコート



オーストリアン・シューティングコート


オーストリアン・シューティングコート


クラシック三大コートの内のカバートコートと同様にこのオーストリアン・シューティングコートも、
紳士のスポーツとしての「狩猟」用として生まれたものです。
具体的に言えばオーストリアの貴族が狩猟用に着用していた防寒着です。
本来は過酷な風雪極寒に耐えるためのコートなので、
堅牢で頑丈な素材を使用しますが、ここでは精神性は引き継ぎつつ
ドレス系の素材の中でも極めつけのカシミヤブレンドウールで展開した
シューティングコートをお奨め致します。

時代のトレンドなど軽々と飛び越えた威風堂々たるAラインのこのコートですが、
特徴的なのは肩の仕様です。
裃(かみしも)のような、肩の上部が少し張り出して頑丈になっている
フローティングショルダー(別名フライングショルダー、タックドショルダー)は
他のコートでは見られない希少な仕立て方です。
銃や荷物等の重いものを肩に掛ける付加を想定したゆえの
無骨なデザイン美がそこに存在します。

それゆえか、英国を中心として欧州ではドレススタイルにこのコートを合わせる着方が広まり、
現在に至っております。また背中を縦断する深く長いインバーテッドプリーツも他のコートでは見られない、
オーストリアン・シューティングコートの特徴を示すディテールです。

オーストリアン・シューティングコート


狩猟活動においての動き易さを確保するために施されたのは言うまでもありません。
甲冑のような重々しささえ湛えるこのコートですが
唯一の装飾部分である釦に革製のバスケット釦を使用することで、
重厚な趣きの中にもナチュラルな温かみを加えております。
着こなし法として時折襟を立てたり、
フロント第一釦だけを留めてマント風に羽織る着方もあり、なかなか雰囲気が出るものです。


オーストリアン・シューティングコート




Detail

 

オーストリアン・シューティングコート

写真(左)時折襟を立てたり、フロント第一釦だけを留めてマント風に羽織る着方もあり、ドレススタイルにこのコートを合わせるのが今日的
写真(右)肩の上部が少し張り出して頑丈になっているフローティングショルダー








Fabric

 オーストリアン・シューティングコート

オーストリアン・シューティングコート

商品レビュー記載をお待ちしています!

コートプライムではご購入頂いた商品のご感想・ご意見を募集しております。
サイズ感や着心地等、投稿して頂きましたレビューは商品ページに掲載され、他のお客様がご購入される際の参考になります。
また、コートプライムの商品企画の参考、サービスの向上等、より良い店作りの糧とさせて頂きます。
皆様のレビューをスタッフ一同お待ち申しております!
ネイビーが新しく加わりました!

ページの先頭へ

S