MENU
MENU
EigoBank
EigoBank > プロフィール

富士電機 50Hz インバーター FRENIC MiniFRN5.5C2S-2J 3相 三相 200V 5.5kWコンパクト形インバーター 回転数 制御 装置:ぽんぷやさん - 0ca01

2019-11-01
カテゴリトップ>ぽんぷやさん>ポンプ以外の商品>インバーター>FRENIC Mini
富士電機 50Hz インバーター FRENIC Mini
FRN5.5C2S-2J 3相 三相 200V 5.5kW
コンパクト形インバーター 回転数 制御 装置

送料無料
※北海道・沖縄・離島は、別途追加送料がかかる地域になります。
別途、お問合せください。e-mail:rakuten@aqsys.co.jp
まで

富士電機インバーター
FRENIC-Mini

型式(FRN5.5C2S-2J)
※こちらのインバーターは(50Hz)地域向けです。

コンパクトなのに高性能。
使いやすさを追求、様々なニーズに応えます!

標準適用モータ(kW)(*1)
5.5
出力定格定格容量(kVA)(*2)9.5
電圧(V)(*3)3相200〜240V(AVR機能付)
定格電流(A)(*4)25.0 (23.5)
過負荷電流定格定格出力電流の150%-1min 200%-0.5s
定格周波数(Hz)50, 60Hz
入力電源相数・電圧・周波数3相200〜240V, 50/60Hz
許容変動

電圧:+10〜 -15%
相間アンバランス率:2%以内(*7)
周波数:+5〜 -5%

定格入力電流(A)(*8)(DCR付)21.1
(DCR無)31.5
所要電源容量(kVA)(*5)7.4
制動制動トルク(%)(*6)20
直流制動制動開始周波数:0.0〜60.0Hz(*9)
制動時間:0.0〜30.0s
制動動作レベル:0〜100%
制動トランジスタ
内臓
適合安全規格UL508C, IEC 61800-5-1:2007
保護構造(IEC60529)IP 20 閉鎖形, UL open type
冷却方式ファン冷却
質量(kg)3.1

*1 : 標準適用電動機は,富士電機の4極標準モータの場合を示します。
*2 : 定格容量は,220V定格の場合を示します。
*3 : 電源電圧を超える電圧は出力できません。
*4 : キャリア周波数4kHz以上,または周囲温度が40℃を超えて使用する場合は( )内の電流以下で使用してください。
*5 : 直流リアクトル(DCR)付の場合を示します。
*6 : モータ単体でAVR制御OFF時に60Hzより減速した場合の平均制動トルクを示します。(モータの効率により変化します。)
*7 : 相間アンバランス率[%]=(最大電圧[V] − 最小電圧[V])/3相平均電圧[V] × 67( IEC 61800-3:2004 参照。)
2〜3%のアンバランス率で使用の場合は交流リアクトル(ACR:オプション)を使用してください。
*8 : 電源容量が500kVA(インバータ容量が50kVAを超える場合は,インバータ容量の10倍)で,%X=5%の電源に接続した場合の試算値を示します。
*9 : 誘導モータ駆動時のみ設定可能です。

◆高性能化で用途拡大
ダイナミックトルクベクトル制御採用

ダイナミックトルクベクトル制御を採用


低速でもより安定したトルクを出力可能

高い始動トルクが必要な重慣性負荷

搬送機械など幅広い用途に適用可能

◆滑り補償制御で整定時間短縮
「滑り補償制御」+「電圧チューニング」により低速時の速度制御精度が向上
これにより速度制御のバラツキが低減し、クリープ速度が安定し搬送機械などの停止精度が向上

◆同一クラス最速レベルのCPUを搭載
高レベルのCPUを採用し、従来のインバータより演算処理能力を2倍にアップ

◆使いやすいシリーズデザインを継承し従来品完全互換

外径寸法寸法互換
据付寸法据付互換
端子数主回路、制御ともに同一
端子位置端子配線長互換
機能コード機能コードNo.互換
RS-485通信通信プロトコル共通

◆簡単操作・メンテナンス向上
操作性

◆USB付タッチパネル(TP-E1U)

USB付タッチパネルをオプションで準備し、
インバータ支援ローダソフト(FRENICローダ)との接続性を強化

◆メンテナンス性の向上

機能内容
模擬故障機能選択することで模擬アラームを発生させることが可能
起動回数累計運転ON/OFF回数をカウント可能
モータ累積運転時間モータ運転時間のモニタが可能
積算電力設定することで積算電力を測定することが可能
トリップ履歴過去4回まで保存・表示

◆省エネに最適
最適省エネ制御

モータチューニングにより
損失最小制御

◆PID制御機能を搭載

◆冷却ファンのON/OFF制御機能を搭載

◆同期モータ制御

◆ネットワーク標準搭載
RS-485通信ポート

RS-485通信ポートを標準で搭載しModbus-RTUまたは、
当社インバータプロトコル通信に対応した通信制御が可能


送料無料
※北海道・沖縄・離島は、別途追加送料がかかる地域になります。
別途、お問合せください。e-mail:rakuten@aqsys.co.jp
まで

富士電機インバーター
FRENIC-Mini

型式(FRN5.5C2S-2J)
※こちらのインバーターは(50Hz)地域向けです。

コンパクトなのに高性能。
使いやすさを追求、様々なニーズに応えます!

標準適用モータ(kW)(*1)
5.5
出力定格定格容量(kVA)(*2)9.5
電圧(V)(*3)3相200〜240V(AVR機能付)
定格電流(A)(*4)25.0 (23.5)
過負荷電流定格定格出力電流の150%-1min 200%-0.5s
定格周波数(Hz)50, 60Hz
入力電源相数・電圧・周波数3相200〜240V, 50/60Hz
許容変動

電圧:+10〜 -15%
相間アンバランス率:2%以内(*7)
周波数:+5〜 -5%

定格入力電流(A)(*8)(DCR付)21.1
(DCR無)31.5
所要電源容量(kVA)(*5)7.4
制動制動トルク(%)(*6)20
直流制動制動開始周波数:0.0〜60.0Hz(*9)
制動時間:0.0〜30.0s
制動動作レベル:0〜100%
制動トランジスタ
内臓
適合安全規格UL508C, IEC 61800-5-1:2007
保護構造(IEC60529)IP 20 閉鎖形, UL open type
冷却方式ファン冷却
質量(kg)3.1

*1 : 標準適用電動機は,富士電機の4極標準モータの場合を示します。
*2 : 定格容量は,220V定格の場合を示します。
*3 : 電源電圧を超える電圧は出力できません。
*4 : キャリア周波数4kHz以上,または周囲温度が40℃を超えて使用する場合は( )内の電流以下で使用してください。
*5 : 直流リアクトル(DCR)付の場合を示します。
*6 : モータ単体でAVR制御OFF時に60Hzより減速した場合の平均制動トルクを示します。(モータの効率により変化します。)
*7 : 相間アンバランス率[%]=(最大電圧[V] − 最小電圧[V])/3相平均電圧[V] × 67( IEC 61800-3:2004 参照。)
2〜3%のアンバランス率で使用の場合は交流リアクトル(ACR:オプション)を使用してください。
*8 : 電源容量が500kVA(インバータ容量が50kVAを超える場合は,インバータ容量の10倍)で,%X=5%の電源に接続した場合の試算値を示します。
*9 : 誘導モータ駆動時のみ設定可能です。

◆高性能化で用途拡大
ダイナミックトルクベクトル制御採用

ダイナミックトルクベクトル制御を採用


低速でもより安定したトルクを出力可能

高い始動トルクが必要な重慣性負荷

搬送機械など幅広い用途に適用可能

◆滑り補償制御で整定時間短縮
「滑り補償制御」+「電圧チューニング」により低速時の速度制御精度が向上
これにより速度制御のバラツキが低減し、クリープ速度が安定し搬送機械などの停止精度が向上

◆同一クラス最速レベルのCPUを搭載
高レベルのCPUを採用し、従来のインバータより演算処理能力を2倍にアップ

◆使いやすいシリーズデザインを継承し従来品完全互換

外径寸法寸法互換
据付寸法据付互換
端子数主回路、制御ともに同一
端子位置端子配線長互換
機能コード機能コードNo.互換
RS-485通信通信プロトコル共通

◆簡単操作・メンテナンス向上
操作性

◆USB付タッチパネル(TP-E1U)

USB付タッチパネルをオプションで準備し、
インバータ支援ローダソフト(FRENICローダ)との接続性を強化

◆メンテナンス性の向上

機能内容
模擬故障機能選択することで模擬アラームを発生させることが可能
起動回数累計運転ON/OFF回数をカウント可能
モータ累積運転時間モータ運転時間のモニタが可能
積算電力設定することで積算電力を測定することが可能
トリップ履歴過去4回まで保存・表示

◆省エネに最適
最適省エネ制御

モータチューニングにより
損失最小制御

◆PID制御機能を搭載

◆冷却ファンのON/OFF制御機能を搭載

◆同期モータ制御

◆ネットワーク標準搭載
RS-485通信ポート

RS-485通信ポートを標準で搭載しModbus-RTUまたは、
当社インバータプロトコル通信に対応した通信制御が可能

富士電機 50Hz インバーター 三相 200V 流体機械 工作機械 搬送機械 食品加工機 包装機械

ページの先頭へ

S