MENU
MENU
EigoBank
EigoBank > プロフィール

バカラ 【ミルニュイ(千の夜) 2103】 601 キャンドルスタンド 3燈:輸入洋食器店アイン  - f7263

2020-03-23

バカラ 【ミルニュイ(千の夜) 2103】 601 キャンドルスタンド 3燈サイズ:H70XW51cm
素材:クリスタル(人工水晶)
※モニターの発色の具合によって実際のものと色が異なる場合があります。

マティアス デザイン
詩人であり、衝動的で魅力的な、20年にわたり知性あふれる視線と 象徴的なオブジェの多様性で知られているマティアスは、ファンタジーと 審美主義を楽しくミックスさせる方法に長けています。
彼とバカラとのコ ラボレーションは、1996年の「ランコントル」コレクションによって始まりました。
この フランス最優秀職人によって 作られた素晴らしいコレクションは大成功を博し、ほとんど全ての作品が 品切れになるほどでした。
この成功の後、マティアスとバカラの絆は強くなり、マティアスがバカラの 新しいライティングコレクション「ミルニュイ」をデザインするのは当然の ことでした。
マティアスは幼少の頃、祖父とシリアやトルコで暮らしており、夜の光が中東の伝説の雰囲気を思わせる独特の魅力を持った「ミルニュイ」シリーズのデザインを通して、子供時代のおとぎ話への オマージュを捧げています。

2007年 某有名百貨店 限定 1 H70XW51cm
今作は サンドブラストで ほとんどの表面を擦りガラス状にしたものです。
当店所蔵の 昔作りの丁寧品は クリアクリスタルで アクセサリーもルビークリスタルという大変凝った美術工芸品です。
光を入れた時の輝きは 今作の比ではありません。今作ると果たして幾らかかりますか 途方もない値段でしょう。それでも当店は 今作の本体価格より割引するというのですから これぞ お熟成(ねかせ)の真骨頂。
アインの安さの秘密です。

原作者 マティアス・サイン

キャンドル別売り

クリスタル(人工水晶)

クリスタルの王者  バカラ
透明なクリスタルに 条理(溶融対流)のゆらめきが ガラスに無い 深い重厚感をかもします。

1764年 当時、フランスは打ち続くナポレオン戦争の終焉冷めやらず、経済的疲弊から 復興のために、フランス東部のロレーヌ地方統主であるモンモランシー・ラバルは ガラス業界への参入を考案し、 国王のルイ15世に ガラス工場設立の認化を求めて承認され パリから約400km東にある ロレーヌ地方のバカラ村(人口約5000人の村の働き手の半分が 美の創造の担い手)に、ガラス工場がつくられたのが輝きの歴史の始まりです。
1817年、本格的なクリスタル制作を開始 1823年のパリ国民博覧会では そのクリスタルの透明度の高さと繊細なカットの巧みさが認められ 金賞を受賞。以来、ルイ18世を始め世界の一流人士のご愛好は 枚挙に暇がありません。
現在まで マキシム エリゼ宮など 世界の一流品の集まるところに クリスタルは バカラが 所を占めております。
今でもフランスで製造されるクリスタルの約半数はバカラの制作品です。完璧のポリシーのもと、その技術の高さは約40名以上の「MOF(フランス最優秀職人)」を輩出ししているのでも 証明されています。









2007年 某有名百貨店 限定 1 H70XW51cm
今作は サンドブラストで ほとんどの表面を擦りガラス状にしたものです。
当店所蔵の 昔作りの丁寧品は クリアクリスタルで アクセサリーもルビークリスタルという大変凝った美術工芸品です。
光を入れた時の輝きは 今作の比ではありません。今作ると果たして幾らかかりますか 途方もない値段でしょう。それでも当店は 今作の本体価格より割引するというのですから これぞ お熟成(ねかせ)の真骨頂。
アインの安さの秘密です。

原作者 マティアス・サイン

キャンドル別売り

クリスタル(人工水晶)

クリスタルの王者  バカラ
透明なクリスタルに 条理(溶融対流)のゆらめきが ガラスに無い 深い重厚感をかもします。





ページの先頭へ

S