MENU
MENU
EigoBank
EigoBank > プロフィール

【返品可能】 【スファレライト】【ルース】12.291ct sphalerite 【閃亜鉛鉱】:フェイバリットストーン - a2cbb

2019-10-08

【返品可能】 【スファレライト】【ルース】12.291ct sphalerite 【閃亜鉛鉱】お気に入り商品に登録する
店舗レビューはこちら
スペック
種別新品
コンディション未使用
素材
使用石・カラット数12.291ct
サイズ(a)13.9mm
(b)14.0mm
(c)8.6mm
重量12.291ct
鑑定・鑑別機関中央宝石研究所

[キャッチコピー]【スファレライト】【ルース】12.291ct sphalerite 【閃亜鉛鉱】
理由を問わずご返品ができます
加工承ります

☆超レアストーンを贅沢な大粒で☆

直径14mmにも及ぶ、12.291ctの「スファレライト」
スファレライトは、宝石種の中では珍しい「硫化鉱物」という種類に分類される鉱物で、「亜鉛」をメインとした非常に希少な宝石です。
みなさんは、「スワロフスキー・ガラス」ってご存じですよね?
通常のガラスよりもキラキラ光を反射して、お値段も決してお安くないイメージを持たれていると思います。
実はこれは、宝石に負けず劣らない輝きを生み出すために特別に作られた、昔から「宝石ガラス」と呼ばれている「鉛ガラス」です。
より目映い輝きを生み出すために「鉛」を添加することで、光の屈折の度合いを上げることが出来るのです。

それと似た効果を持つのが、「亜鉛」を主成分とした今回ご紹介の「スファレライト」
なんと、ダイヤモンドの約4倍の分散度(光を虹の七色に分解するその角度の大きさの数値)を持っているのがこの宝石です。
特に今回ご紹介のスファレライトは、スペイン産に多く見られるといオ褐色〜オレンジ〜赤色の濃い地色を持ちながら、「これって天然なの?」と疑問に思ってしまいそうなほどの輝きの強さ!

それはまるで、太陽そのもの。太陽を宝石で表したら、さもありなんという輝きの強さです。

写真でもご覧いただけますように、全体的に広がった濃淡のグラデーションも魅力の一つ。
手の上でコロコロと転がしてみると、その濃淡にダイヤモンドにも勝る輝きが加わって生み出される不思議なその外見に、飽きもせずうっとりと見入ってしまいます。
見ているといつも、「せっかくの大粒だから、顔に映えるようにドッグ・ネックレスのように短めのネックレスが素敵かな。いっそキャンディ・リングのように、シンプルなリングに仕立ててもいいかも。」と悩んでしまいます。
それならいっそ、生のまま、まずは楽しんでいただこうと、ルース(裸石)の状態でご紹介することにいたしました。
あなたなら、どんなジュエリーにしたいですか・・・?



【スファレライト】【ルース】 【閃亜鉛鉱】

ページの先頭へ

S