MENU
MENU
EigoBank
EigoBank > プロフィール

伝統工芸「越前塗」越前漆器  龍 パネル 黒<ギフト/引き出物/引出物/出産内祝い/快気祝い/快気内祝い/結婚式/内祝い/お返し/ご挨拶/新築内祝い/香典返し>:七to八-Seven to eight- - ee0ee

2019-09-13
カテゴリトップ>総合>食器・キッチン用品2

伝統工芸「越前塗」越前漆器  龍 パネル 黒<ギフト/引き出物/引出物/出産内祝い/快気祝い/快気内祝い/結婚式/内祝い/お返し/ご挨拶/新築内祝い/香典返し>
伝統工芸士 AKIRA作サイズ:620×280×42mm木製 漆手塗 国産品

漆額とは・・・・平面作品でありながら、何度も塗り重ねた漆が深い奥行を感じさせる、これが漆額の魅力。

新築や開店、その他・・・お祝いの定番です。


【ご注文確認後、メーカーへ手配し直送にてお届け致します】
ご注文確認後、1週間から10日程でのお届け予定でございます。
メーカー在庫の都合により、お届けの遅延または、お届けが出来かねる場合がございます。その場合は、メールにてご連絡をさせて頂きます。
状況によっては、勝手ながらご注文キャンセルのお願いをさせて頂く場合もございますのでご了承下さい。
■送料無料にて販売している商品につきましても北海道1200円、沖縄他離島へは2000円別途送料が掛かります。予めご了承下さい。


越前漆器

越前漆器の起こりは、約1500年の昔にさかのぼるといわれています。古墳時代の末期にあたる6世紀。第26代継体天皇がまだ皇子のころ、こわれた冠の修理を片山集落(現在の福井県鯖江市片山町)の塗師に命じられました。

塗師は、冠を漆で修理するとともに黒塗りの椀を献上したところ、皇子はその見事なできばえにいたく感動し、片山集落で漆器づくりを行うよう奨励しました。これが今日の越前漆器の始まりと伝えられています。

また、越前には古くからたくさんの漆かきがいました。漆かきとは、漆の木にかき傷をつけながら漆液を採集する職人のことで、最盛期には全国の漆かきの半数を占めたといわれています。日光東照宮を建てるとき、徳川幕府は大量の漆液の採集を越前に命じたとか。越前の漆かきが、どんなに高く評価されていたかが分かります。こうした漆かきの存在も越前漆器の産地形成に大きな役割を果たしています。       
越前漆器

ページの先頭へ

S