MENU
MENU
EigoBank
EigoBank > プロフィール

エマーソンビル スタンプワーク バングル 163mm 心斎橋店:マライカ - 81613

2020-01-08
カテゴリトップ>インディアンジュエリー>バングル>ナバホ族
エマーソンビル スタンプワーク バングル 163mm 心斎橋店
部族ナバホ族
アーティストEmerson Bill
素材Sterling Silver
30mm
内周163mm
開口部36mm
ご注意※インディアンジュエリーにはハンドメイド特有のゆがみ・ずれ等がある為、表記サイズには多少の誤差がございます。
エマーソンビルについて1959年ニューメキシコ州に生まれたナバホ族のアーティスト。妻であるNora Tahe(ノラ・タヒ)も有名なアーティストです。エマーソンビルは何より、深いスタンプワークで知られています。有名なスタンプメーカーでもあり、さまざまなスタンプを自在に施した「伝統的なナバホスタイルのスタンプワークジュエリー」が彼の作品の特徴です。仕上げはすべてオールドスタイルといわれる磨きで、古さを残したトラディショナルなジュエリーを作り出します。

インディアンジュエリーとは
人気の「インディアンジュエリー」。その名の通り、アメリカ先住民ネイティブアメリカン(いわゆるインディアン)が作ったジュエリーをインディアンジュエリーといい、すべてネイティブアメリカンのアーティストや職人の手によるハンドメイドジュエリーとなっております。マライカではアメリカ・ニューメキシコ州に直営のトレーディングポストを構え、スタッフがアーティストと直接コンタクトを取ってジュエリーを仕入れています。
ジュエリーのお手入れについてシルバーのジュエリーは時間がたつと空気中の硫化物と反応して硫化し、黒ずんでいきます。特に汗などが付着したまま放置すると、変色が進みやすくなります。輝いたジュエリーを装着されたい方は、市販のシルバー磨き布で磨くと元の輝きがよみがえります。
当店では、黒くいぶしのかかったジュエリー、表面がキラキラに磨かれていないオールドスタイル仕上げのジュエリーも多数お取り扱いしています。そういったジュエリーはあまり布で磨かず保管していただくと、その味がもっともっと出てきます。お好みにあわせたお手入れで、自分色のジュエリーに育てましょう。
ターコイズのお取扱い方法についてターコイズは地球の力で生み出された自然の石ですので、お取り扱いには多少注意が必要です。ジュエリーを水につけたり、つけたまま手を洗ったり入浴したりすると石とジュエリーの結合部に水が入り、劣化の原因になります。またターコイズの変色の原因にもなりますので、水や湿気にはご注意下さい。

大ぶりスタンプバングル・特大サイズ
ナバホ族・エマーソンビルのスタンプワークバングルです。極厚のシルバーに力強く打たれたスタンプワーク、オールドスタイルで仕上げられた特大サイズバングル。幅広の人気作品です。
インディアンジュエリー/マライカ プレゼント ギフト 

ページの先頭へ

S