MENU
MENU
EigoBank
EigoBank > プロフィール

フェントン フェアリーライト"Burmese":アンティークマザーグース - ef992

2019-05-08
カテゴリトップ>ブランドで選ぶ>フェントン>ランプ
フェントン 
フェアリーライト"Burmese"
フェントンバーミーズ・サティンのフェアリーライトです。

Burmeseはもともと1885年にMt. Washington Glass Companyが発表したカラーで、カスタードイエローからローズピンクへのグラデーションが特徴的です。発表した直後に大きな反響を呼び、イギリスのヴィクトリア女王がその豊かな色合いを大絶賛、「ビルマの夕陽を思い出させるようだ」と発言。その言葉から命名されたのがこのカラー。Burmeseとは「ビルマの」という意味です。命名の経緯からすると、「ビルマの夕陽」という意味とするのが正しいかもしれませんね。
ウランガラスが含まれており、ブラックライト(紫外線灯)で照らすと蛍光色に輝きます。
BurmeseはMt. Washington Glass Companyでの作成が終了し、Fenton社が復活させることができたのが1970年のことです。Burmeseの復活はFenton社の名を高めるのにとても良い役割をしたということです。

こちらはバーミーズ・カラーのサティンガラスのフェアリーライト。一体型のフェアリーライトでロウソクを被せるだけで使える作品です。たくさんの花があしらわれていてとても豪華かつ可愛い作品です。下部に絵付師のサインが入っています。

2007年に作られたもので、状態は素晴らしく、キズ・欠けなど一切ありません。



メーカーFenton
種類フェアリーライト
デザインBurmese
状態Excellent
サイズ
フェアリーライト直径17.5 高さ16.5

ブラックライトを照らしてみました。

フェントン社(Fenton Art Glass Company)は1905年に創業の
米国ウェストバージニア州にあるガラス工芸工房。

カーニバルグラスホブネイル・パターン
オパールセントミルクグラスなどを組み合わせて
多種多様かつ独特なデザインを数多く生み出してきました。

フリルやホブネイルのトゲトゲを大胆に使ったデザイン、
多様な色使いは部屋を可愛らしく彩ってくれることでしょう。

不況により2007年には廃業の危機に立たされましたが
不死鳥のように甦り、今なお意欲的な新しい作品を
次々と生み出しています。
Fentonのバーミーズのフェアリーライト。ウランガラスが入っているのでブラックライトで蛍光に光ります。

ページの先頭へ

S