MENU
MENU
EigoBank
EigoBank > プロフィール

Cervelo (サーベロ)2019モデルS3 Disc フルオロサイズ51 (170-175cm)フレームセット:クラウンギアーズ - 53a5c

2019-09-08
カテゴリトップ>ブランド別>C>Cervelo (サーベロ)
Cervelo (サーベロ)
2019モデル
S3 Disc フルオロ
サイズ51 (170-175cm)
フレームセット
(20180930cervelo2019)(point20180930cervelo2019)(20181003cerveloS2019)(新品20181003)(新品20180930)
■他サイズはこちら
 ・サイズ48  ・サイズ51
 ・サイズ54  ・サイズ56






■状態:新品


■商品説明

・Cervelo (サーベロ)

1995年に設立されたカナダトロントに本拠点を構えるcervelo(サーヴェロ)。
2人のエンジニア、フィル・ホワイトとジェラルド・ヴルーメンが革新的なタイムトライアルバイクを開発しようと決めたことに遡る。
サーヴェロの名の由来は、イタリア語で頭脳を意味する「cervello」と、フランス語で自転車を意味する「v?lo」を組み合わせた造語である。
文字通りそれは 「頭脳を持つバイク」であり、ある思想がインプットされたバイクであるとも言える。
9人のエンジニアと創設者 により、サーヴェロのプロダクトはすべて自社で設計されている。業界内にテストのための明確な基準がないという現状の中、サーヴェロでは新たに、より厳しい自社基準を設定した。
これらのテストは業界標 準の数段厳しく、例えば対正面衝撃試験についてはDIN規格(ドイツ規格協会)の3倍を自社基準としている。
サーヴェロフレームはまた世界でもっとも厳しいEFBe (Engineering for Bikes)・・・世界中の軽量ハイパフォーマンスフレームの検査を行っている、ドイツを拠点とする国際的な独立検査機関による耐久性テストをもパスしており、すべてのフレームがハイパフォーマンスフレーム認定を受けている。
その上サーヴェロでは、同一のフレームを3回連続 してEFBeのテストにかけ、3回ともパスするという偉業を成し遂げた。
このように、他社がパスすることはおろか、行なおうともしないテストが、現在ではサーヴェロの標準となっている。
こうして、サーヴェロは軽量ハイパフォーマンスフレームの分野で、リーディングカンパニーとなった。





・S3

最高のバイクを求めているライダーにとって、S3の登場は言い訳の余地がないほどの革命を起こす出来事だと言って過言ではない。
ロードバイクテクノロジーのトレンドが変わりつつある現在、Cerveloはそれをイノベーションのチャンスととらえた。
S3は機械式と電動式の両方に対応し完全に統合されたコックピットを採用し、ライダーに卓越した空力パフォーマンスをもたらすだろう。
あなたが求める最高のバイクをここに用意した。さあ、吹き荒ぶ風に挑もう。




■スペック

・カラー:フルオロ/ブラック/ホワイト
・フォーク:Cervelo All-Carbon Tapered S3 Fork For Disc
・ヘッドセット:FSA IS2 1-1/4 x 1-3/8
・ハンドルバー:Cervelo Aero AB09
・ステム:Cervelo S3 Stem
・シートポスト:Cervelo Carbon, Aero SP20
・スルーアスクル:Cervelo RAT Thru Axles




■ジオメトリー

・サイズ:51
・スタック:530mm
・リーチ:369mm
・トップチューブ:531.5mm
・ヘッドチューブ:123.9mm

■特記事項

※掲載製品、画像の仕様・スペック等は予告なく変更される場合もございます。予めご了承ください。







ページの先頭へ

S