MENU
MENU
EigoBank
EigoBank > プロフィール

ブラックオパール ネックレス トップ 1.10ct プラチナ ペンダント ヘッド【ブラックオパール ネックレス ヘッド】:ジュエリー・ベビーリングSINDBAD - 54825

2020-02-06
カテゴリトップ>ペンダント
ブラックオパール ネックレス トップ 1.10ct プラチナ ペンダント ヘッド【ブラックオパール ネックレス ヘッド】
  • ブラックオパール:1.10ct
  • メレダイヤ:0.236ct
  • 素材:プラチナ900
  • 寸法(トップ全体):縦約13mm×横約9.2mm×厚さ約5mm
  • ペンダントヘッドの重さ:約1.8g

ペンダントヘッドのみの販売ですが、チェーンをご希望の場合はご遠慮なくお問い合わせ下さいませ。

【送料無料】【1点もの】

【ラッピング無料】・・・ご希望の方には無料でラッピングいたします。

鑑別書ご希望の場合は、無料でお付けいたします。商品お届けまで1〜2週間ほどお時間を頂きます。

※1点ものですので、売り切れの場合はご容赦ください。

◆実店舗で実物をご覧いただけます。

◆ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。


◇商品到着後、レビューを書いてくださった方にはジュエリーポーチをプレゼント!
レビュー確認後、ポーチを郵送致します。
皆様からの商品のご感想、心よりお待ちしています!
ギフト対応ラッピング対応フリーメッセージ

ジュエリー
ブラックオパール1.10ctのペンダントヘッド 

オパール


しっかりしたボディカラーのブラックオパールです。

ブルーの地色にオレンジがのっています。

角度を変えるとオレンジが出てくるオパールが多いのですが、これは最初からオレンジが出ています。


ブラックオパール(10月の誕生石)


青緑やオレンジ、赤のオパールがなぜブラックオパールなのか?


ブラックオパールは黒いオパールという意味ではなく、そのオパールの底部についている母岩の色が黒色であることが由来です。

ただ、黒っぽい部分(ポッチ)がつかないブラックオパールもあります。

しかし、厳密な意味となるとその定義はやや曖昧で、

AGL(宝石鑑別協議会)によると「ボディーカラー(地色)がある一定以上の黒あるいはそれに近い濃さを持ったオパール」

そしてそれがオーストラリアのライトリングリッジ産であることなどが条件となっています。

ブラックオパールは遊色効果という言葉に代表されるように七色の美しいスペクトル光を放つユニークさが特色です。

それは二酸化ケイ素に水分を含んだことにより演出されることなのです。

よく知られている、色が遊ぶ(遊色)という言葉と石の角度を変えることによって、石がきらめく効果(イリデッセンス)という言葉があります。

更にあまりにそれが強いものをオーストラリア人の業者はフラッシュと呼んでいます。


品質と価値


くもりがなく、色がボディ全体に鮮明に出るものほど美しく価値もあります。

遊色の色により価値が判断されます。

上から赤、オレンジ、グリーン、青となります。



オパール
ブラックオパール1.10ct
メレダイヤ0.236ct
素材プラチナ900
寸法(トップ全体)縦約13mm×横約9.2mm×厚さ約5mm
重さ約1.8g
お知らせペンダントヘッドのみの販売です。チェーンもご希望の方はご遠慮無くお問い合わせくださいませ。

ペンダントのラッピング無料サービス
宝石のSINDBAD

SINDBADのついて

1975年スリランカで宝石トレーダーをはじめ、スリランカを拠点にインド、香港、インドネシアなどで宝石売買に従事。1980年から日本に戻り、1985年にSINDBADを開店。
長年培った宝石を見る確かな審美眼で「こだわりを持つ宝石商」として多くのお客様から支持されています。


ブラックオパール



30年以上続く「直輸入・直接加工」の宝石店

ページの先頭へ

S